これまでの歩み

教養教育はかつて「一般教育」と呼ばれており、どの科目を何単位履修するかは「大学設置基準」の中で定められていました。その授業を行うために「教養部」という組織が置かれた大学もありましたが、三重大学には教養部はなく、1983年に人文学部が創設される以前は全学の一般教育を担当する教員は教育学部に所属していました。人文学部ができてからは主として文系の一般教育の教員は人文学部に、理系の一般教育の教員は教育学部に所属し、両学部から関係教員が集まって「一般教育委員会」を作り、そこで一般教育の運営を行っていました。

いわゆる「設置基準の大綱化」により、一般教育の内容を自由に行うことができるようになり、三重大学では「共通教育」と呼ばれることになりました。一般教育担当教員もそれぞれの学部に分属し、各学部からさまざま分野を専門とする教員が出てきて多様な共通教育の授業を行うことができるようになりました。その運営を行うために1996年に「共通教育機構」が置かれ、国立大学の法人化を見据えて、2004年にはその機能を強化した「共通教育センター」が置かれました。

「共通教育センター」は理事(のちに副学長)がセンター長を務め、そこに各学部から教員が集まって、共通教育を企画し、運営してきました。そこでは数々の新しい授業の試みもなされ、今も外部から高い評価を受けているものもあります。ただ、運営の中心となる教員は各学部からその都度集まってやってきましたので、それぞれの学部の仕事もあり、共通教育だけに専念するというわけにはいきませんでした。また、さまざまな改革の結果、共通教育の内容も多岐に渡り、そのすべてを把握するのが困難になってきました。

2011 年5 月内田淳正学長より教養教育のための新しい組織構築について提案がなされ、これを受けて教養教育検討専門委員会、教養教育カリキュラム等検討委員会で検討がなされました。2013年には教養教育機構設置準備室が設置され、2014年4月に15名の専任教員から成る三重大学教養教育機構が発足し、1年間の準備期間を経て、2015年4月、新しい教養教育のカリキュラムが開始されました。